ドローン・ラジコンの飛行許可のことなら名南経営!

◆行政書士法人名南経営のポイント

専門性が高い

許認可申請専門チームがあるから、確実・安心!

スピードが早い

スタッフが多数在籍しているので申請までお待たせしません!

実績・ノウハウが豊富

昭和43年創業で、手続き実績10,000件超!

◆料金(税別)

無人航空機の飛行に関する許可・承認申請
申請サポートプラン

80,000円~  

申請に当たり、航空局標準マニュアルを利用される場合

フルサポートプラン

130,000

申請に当たり、オリジナルの飛行マニュアルを作成される場合

リピートプラン

40,000

弊社に、無人航空機の飛行に関する許可・承認申請手続きをご依頼いただいたことのあるお客様限定のプランです。
内容は申請サポートプランと同じです。

※プランの違い

 

申請サポートプラン

フルサポートプラン

①許可・承認申請書の作成

②基準適合確認書の作成

③経歴・知識能力確認書の作成

④飛行経路の地図の作成

⑤飛行実績又は訓練等を記載した資料の作成

⑥追加基準への適合性を示した資料の作成

⑦飛行マニュアルの作成

×
(航空局標準マニュアルを利用する)

⑧申請書類の提出


◆Q&A

①航空法上の「無人航空機」とはどのようなものでしょうか?
 構造上人が乗ることができないもので、遠隔操作または自動操縦により飛行させることができるものをいいます。ただし、機体本体の重量とバッテリーの重量の合計が200g未満のものについては、「無人航空機」に含まれません。
②ラジコンも「無人航空機」に該当しますか?
 ラジコンも「無人航空機」に該当しますか?
③どのような場所で無人航空機を飛行させる場合に許可が必要になるのでしょうか?
 空港等周辺や地表・水面から150m以上の空域、人口集中地区の上空で無人航空機を飛行させる場合に許可が必要となります。
④どのようなときに承認が必要となるのでしょうか?
無人航空機で以下のような飛行を行う場合には承認が必要となります。
    ・夜間飛行
    ・目視外飛行
    ・人または物件から30m以上の距離が確保できない飛行
    ・催し場所上空の飛行
    ・危険物の輸送
    ・物件投下
⑤どのくらいの期間で許可がもらえるでしょうか?
 飛行開始予定日の少なくとも10開庁日前までに申請しなければなりません。
 準備期間を含めると1か月程度かかりますので、お早めにご依頼ください。
⑥飛行マニュアルとは、どのようなものでしょうか?
 無人航空機の点検・整備の方法や、飛行させる者の訓練方法・遵守しなければならない事項、安全確保のための体制等について規定した無人航空機を飛行させるために必要なマニュアルです。


対応エリア

北海道から沖縄まで

日本全国
対応可能!




◆お申込みの流れ

変更届

  • ①お問い合わせ
  • ②無料相談
  • ③見積り
  • ④ご依頼
  • ⑤申請書類作成
  • ⑥申請書類へのご捺印
  • ⑦国土交通省・空港事務所へ申請
  • ⑧国土交通省・空港事務所の審査
  • ⑨許可証交付

●行政書士プロフィール

大野裕次郎

行政書士法人名南経営 社員行政書士 名古屋行政書士探究会 幹事

1985年愛知県生まれ。三重大学人文学部卒業。

2007年4月、行政書士資格を持たない状態で、名南経営センターグループ(現:名南コンサルティングネットワーク)の名南行政書士事務所に新卒で入所。 行政書士補助者として建設業許可業務の経験するうちに、日本の社会インフラを支える建設業者の支援に興味を持つ。また、実務を学びながら資格勉強を続け、2008年の行政書士試験に合格。翌年10月、24歳のとき、行政書士登録。

2011年、26歳のとき、先輩社員の退職・異動により、名南行政書士事務所の実質的な運営を任される。この頃から、建設業許可業務だけでなく、より建設業者の役に立ちたいという思いで、「建設業者向け顧問サービス」「建設業法コンプライアンス研修」等の新たなサービスの提供をはじめる。

2015年7月、荻野恭弘とともに行政書士法人名南経営を設立し、社員行政書士となる。 現在では、年400件程度の建設業許可関連手続きを担当。顧問先のコンプライアンス体制の構築支援も行い、建設業者や行政書士向けセミナー、建設業者の社内研修等の講師も多数務めている。

行政書士業務以外にも活動の幅を広げ、行政書士業界を盛り上げたいという思いで、2014年10月、行政書士の勉強会・交流会「名古屋行政書士探究会」を立ち上げる。現在の参加者は延べ400名に上る。

家族は、妻、長男、次男の4人家族。スイーツ好き(特にドーナツ)。

◆値段だけを追求するなら、他の事務所をお勧めします

「どの行政書士でもいいから、とにかく安く済ませたい。」という方には、報酬の安い他の行政書士事務所をお勧めします。

行政書士法人名南経営は、長年の経験やノウハウに基づき、お客様に許認可手続きにおける安心・安全、コンプライアンスの実現をご提供しております。そのためには、お客様から適正な金額の報酬を頂戴することが不可欠と考えております。

仮にもし、格安で依頼を受ける行政書士がいるとすれば、その業務において、少しでも利益を上げるため、様々な部分で工数削減を図らなければならず、お客様の宅地建物取引業免許申請手続きが疎かになりかねません。

お客様への報告、確認等を怠り、結果として、虚偽申請に繋がらないとも言えません。こうなってしまった場合、不利益を被るのは行政書士ではなく、宅地建物取引業免許申請を行うお客様です。

安心・安全を求め、コンプライアンスを実現したいという方は、是非、行政書士法人名南経営にご依頼ください。

 

 

お問合せはこちら ▶

お気軽にご相談・お問い合せ下さい。

Copyright © 行政書士法人名南経営 All Rights Reserved.
PAGETOP